珈琲豆自家焙煎 ティーズコーヒー 北海道 札幌 sapporo coffee beans hokkaido 
珈琲豆自家焙煎 ティーズコーヒー 〒062-0932 北海道 札幌市豊平区平岸2-8-1-11 営業時間:11:00〜19:00 土曜日18:00まで。休業:日.水.祝祭

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員様ページ
メールアドレス
パスワード

精製方法・価格・原産国・地域・銘柄・品種・焙煎度合等で検索できます。
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

当サイトは日本ジオトラスト社発行のSSL電子証明書を使用しています。

お客様の大切な個人情報は暗号化により守られています。

珈琲豆のパッキング

  アロマシール付クラフトパック

  バルブ付真空アルミパック

 

煎りたての新鮮な珈琲豆からは、たくさんの炭酸ガスが発生します。

その為、通常は焙煎後すぐに真空パックにしてしまうと、その炭酸ガスにより袋が膨張し破裂したり、袋内に放出されたガスをまた豆が吸収し香味が劣化するという逆効果を生んでいました。

 

当店で使用しているパッケージは、そのコーヒーガスを袋外に放出し、珈琲豆の劣化の原因である空気中の酸素を浸透させない機能をもつバルブを取り付けているため、袋内が常に脱気状態になりますので豆の鮮度を長く保つことができます。ゆえに焙煎したての鮮度の高い珈琲豆をすぐにパックしお届けすることが可能です。
※挽き豆に関しては同様の機能をもつアロマシール使用のクラフトパックを使用しています。

 

珈琲豆は焙煎してから二日程ねかせてからが飲み頃になります。 それまでは豆の内部が落ち着いておらず、煎りたてなので確かに新鮮ではありますが、美味しい珈琲とはいえない感じです。

このねかせる作業が、薫り高く甘味のある珈琲豆になる大切なプロセスです。

この様なことから二日間ねかせた後に発送してしまうと、お客様に届いた時には飲み頃の始まりから約二日間経過することになってしまいます。 

 

当店では少しでも早く煎りたての豆をお届けするためその二日間を節約し、ちょうど飲み頃の焙煎二日後にお客様に届く様にこの2種類のバルブ付パックを使用しています。

このバルブにより配送中の約二日間でねかせているのと同じ状態で運ばれていきますので、ちょうど飲み頃にお手元に届けることが可能なのです。

そのままの状態で冷蔵庫、冷凍庫等で保存していただけます。 

(珈琲豆の保存についてはこちらをご覧になってください。)

※ 真空パックの場合袋が柔らかくなる場合がありますが、不良品ではありません。