珈琲豆自家焙煎 ティーズコーヒー 北海道 札幌 sapporo coffee beans hokkaido 
珈琲豆自家焙煎 ティーズコーヒー 〒062-0932 北海道 札幌市豊平区平岸2-8-1-11 営業時間:11:00〜19:00 土曜日18:00まで。休業:日.水.祝祭

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員様ページ
メールアドレス
パスワード

精製方法・価格・原産国・地域・銘柄・品種・焙煎度合等で検索できます。
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

当サイトは日本ジオトラスト社発行のSSL電子証明書を使用しています。

お客様の大切な個人情報は暗号化により守られています。


    【お取り扱いクレジットカード】


商品詳細

STANDART japan_#3


STANDART japan_#3
STANDART japan_#3

コーヒーが生み出す会話・出会い・そして濃厚な時間。私たちを惹きつけるのはコーヒーのそんな魅力です。
季刊誌「Standart」は、スペシャルティーコーヒーの魅力を伝えるべく記事を厳選し、130ページ以上もの美しくデザインされた1冊の本を、皆様にお届けします。

#3
コーヒー業界のサプライチェーン全体が担う信任義務についての問題提起から始まる第3号は、前号に引き続き、Socratic Coffeeの専門家チームがコーヒー粉の粒度が及ぼす影響を統計学的に分析します。コーヒー生産地の特集は、インスタントコーヒー大国のベトナムです。バリスタのキャリアパスを考える社会派記事から、2016年のジャパン・バリスタ・チャンピオンの鈴木樹氏とのインタビュー、ニュージーランドの有名ロースターであるCoffee SupremeからはAl Keating氏が人生で学んだ5つの教訓など、コーヒー業界の人にフォーカスした記事も必見。最後は、飲食業界で伝統を守ることの意味や難しさ、そしてカフェの視点からみたバグダッドの文化史など、コーヒーやカフェ文化の歴史を感じながら、Standartと一緒に世界を旅しましょう。 -Standart japan 様HPより-

 

商品番号 books_03
商品名 STANDART japan_#3
販売価格 1,566円
メーカー STANDART japan
送料区分 送料別
在庫数

数量:

Standartは、「美味しいコーヒーを誰もが気軽に楽しめるようにしたい」という想いから始まった、スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジンです。
現在、世界53カ国以上で読まれているStandartは創刊した2015年と翌年2016年に、コーヒーニュースサイトのSprudgeより、Best Coffee Magazines部門のSprudgies Awardsにノミネートされています。2017年3月に日本語での販売が開始されました。