珈琲豆自家焙煎 ティーズコーヒー 北海道 札幌 sapporo coffee beans hokkaido decaf デカフェ 
珈琲豆自家焙煎 Tee's COFFEE 〒062-0932 北海道 札幌市豊平区平岸2-8-1-11 営業時間:11:00〜19:00 土曜日18:00まで。休業:日.水.祝祭

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員様ページ
メールアドレス
パスワード

精製方法・価格・原産国・地域・銘柄・品種・焙煎度合等で検索できます。
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ


    【お取り扱いクレジットカード】


商品詳細

STANDART japan_#4 standing for the art of coffee


STANDART japan_#4
STANDART japan_#4

 

ーヒーが生み出す会話・出会い・そして濃厚な時間。私たちを惹きつけるのはコーヒーのそんな魅力です。
季刊誌「Standart」は、スペシャルティーコーヒーの魅力を伝えるべく記事を厳選し、130ページ以上もの美しくデザインされた1冊の本を、皆様にお届けします。

#4
COFFEEチャプターでは、遺伝子工学がコーヒー業界におよぼす影響について学ぶことから始まります。そしてこれまであまり語られることのなかった生豆の輸入のイロハを身につけたら、コーヒーを片手にアートとコーヒーの関係性について思いをはせてみましょう。コーヒー生産地の特集は、パプアニューギニア。厳しい自然が生み出す同国の歴史を美しい写真と共に。


PEOPLEチャプターの、皿洗い担当からカフェ専門のコンサルタントに成り上がったEden-Marie Abramowicz氏のストーリーは、全てのバリスタ必読。カフェに潜む性差別の現状について理解を深めたあとは、店内でよく耳にする会話を眺めてひと休み。持続可能な産業を築くには、ビジネスの知識も大事だということをお忘れなく。


WORLDチャプターでは、消費者とコーヒーの接点であるカフェが、どのようなプロセスを経て出来上がるのかを、デザイナー 林洋介氏にお話してもらいます。そこから舞台を移し、南米の小国エルサルバドルで成長を続ける新しいコーヒー産業チャラテナンゴへ。そして伝統と流行がせめぎ合うインドを旅したあとは、あの有名チェーンのお膝元シアトルへ皆さんをお連れします。
-Standart japan 様HPより-

雑誌名 STANDART Japan #4         
発売日 2017.12.

ページ数

約122P

商品番号 books_04
商品名 STANDART japan_#4 standing for the art of coffee
販売価格 1,566円
メーカー STANDART japan
送料区分 送料別
在庫数

数量:

Standartは、「美味しいコーヒーを誰もが気軽に楽しめるようにしたい」という想いから始まった、スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジンです。
現在、世界53カ国以上で読まれているStandartは創刊した2015年と翌年2016年に、コーヒーニュースサイトのSprudgeより、Best Coffee Magazines部門のSprudgies Awardsにノミネートされています。2017年3月に日本語での販売が開始されました。